ライフフォト

何年先もあなたらしさを

ライフフォトとは、ご自分の納得出来る写真を用意しておくということです。
最近は「終活」などと言う言葉が世間でも話題となり、ご自分の死と向き合うという風潮もあるようですが、
一方で、「自分がなくなった後のことなんか心配したくもない」というようなお話を耳にしたりもします。
お元気でいられる今、遺影写真をわざわざ撮るということに抵抗はあるかもしれません。
しかし、いざという時、手元にある写真で遺影を作ることは本望でないと思うのです。
また、遺影というものは会うこともなかった子孫が先祖を知る手がかりになります。
その写真の印象が先祖の全てになってしまうのであれば、遺影はご本人が納得出来る写真でありたいと思うのではないでしょうか。
遠い将来、遺影とご家族の記憶の中にあるご自分が一致して貰えるよう、用意しておくということが必要であって欲しいと願っています。

 

 

遺影の為ではなく家族の時間として

遺影だけをわざわざ撮るとなると、少し気が重くなるかも知れません。
では、お写真を撮ると言うことをご家族で楽しむというのはどうでしょうか?
遠方にいらっしゃるお子様がお孫さんを連れて帰ってくるタイミングでご家族写真をお撮りするのも手です。
お写真があれば、離れて暮らすご家族をいつも近くに感じることが出来ます。
遺影はそのついで・・・くらいの気持ちで。
また、お友達同士で集まられる際に皆で撮影会をするというのも楽しいものです。
思い出話に花を咲かせながら、お友達だからこそ知っているお客様自身の本当の笑顔はそういう場面でこそ引き出せるものかもしれません。
ご自宅に伺って撮影することも出来ますので、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP