十三まいり

生まれた年の干支が初めて巡って来る年に
ご家族でお子様の成長をお祝いしませんか

「十三まいり」という伝統行事をご存知ですか?

十三まいりは七五三と同じく、お子様の幸せと健やかな成長を祈願して参拝する伝統行事です。
健やかに大人として成長したことを感謝し、知恵と福徳を授かる為に虚空蔵菩薩にお参りするようになったことから数え年13歳の時に参拝するようになったとも言われています。
また、最初の厄年ということもあり、厄落としの意味でもあります。

では、「十三まいり」とは、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

旧暦3月13日(現在の4月13日)に参拝されていましたが、最近では、新暦の4月13日を中間にはさんで3月13日~5月13日の間が一般的です。
男の子の場合、羽織袴姿が正式な儀礼となります。
女の子は、大人のサイズで作られたお着物の肩幅や腰回りを糸で縫い止めて調整する「肩上げ」や「腰上げ」を行ってから参拝します。帰宅したら、その糸を解くまでが作法です。
参拝する時は、半紙に本人の好きな漢字を一文字書いて奉納します。漢字一文字は何を書いても良いですが、本人の願いや思いをしっかりこめて書くと良いですね。
帰る時に後ろを振り返ると、授かった福徳や知恵がなくなるという言い伝えがありますので、参拝した神社やお寺を出るまでは振り返らないようにしましょう。

Anagramが提案する 『十三まいり』

「十三まいり」は、京都では七五三よりも有名な行事で春には沢山の方が参拝されます。
伊予の小京都と呼ばれる大洲で、記念写真をお撮りしながら古いしきたりを再現し、お子様の節目をご家族でお祝いしませんか?
写真撮影だけでなく、古いしきたりを体験する特別な商品を用意しております。
その時の想い(漢字の奉納)やご家族の愛情(糸解き)が、時間が経っても感じられる1日をご提案致します。

撮影当日の流れ

(提携しているアンティークなずなにご来店頂きます。10:00ご来店の場合)

10:00  受付 衣装選び ヘアメイク お着付け
お子様にとって初めての大人メイク。興味のわいてくる年頃でもありますから
どんどん変身していく姿に、ご本人はもちろん、親御さんもワクワクドキドキの連続です。

10:30  親御さんにして頂く肩上げ
十三まいりで大切なのは「大人の仲間入りの一歩目」ということ
セレクトするお着物は大人サイズですから、肩上げをしてからお着付け致します。
親御さんが肩上げをしてくれたということも思い出の一つになります。
肩上げは和裁士がお手伝い致しますのでご安心ください。

11:10  お着付け終了後、今の想いを漢字一文字に込め筆でカードに書く
書いて頂いた文字はお写真の中にデザインとして使用致します。
また、そのカードには親御さんからのメッセージを書くスペースがありますので
7年後のお子様へ向けてメッセージを添えて成人式の日に渡してあげてください。
タイムカプセルのような感覚で時間の流れを感じて頂けたらと思っております。

11:30  伊予の小京都 大洲の街並みを歩きながらの撮影
臥龍山荘・明治の家並み・赤煉瓦館・ポコペン横丁・おはなはん通りなどで撮影致します。

12:20  撮影終了後はご家族でご自由にお過ごしください
お散歩気分でご家族で楽しんで頂けたらと思っております。
近くには大洲神社がありますので参拝へ行かれるのもいいですね。
その際には後ろを振り返らないことや節目の年に想うことなどお話しされることも
七五三の時とは違い、お子様の記憶に残る思い出となるでしょう。

13:00 アンティークなずな戻られたら、お着替えと糸解きをします
肩上げした糸を解いてもらうところまでが作法です。

※ お写真は後日納品となります。

数え年の13歳といえば思春期をむかえた不安定な時期です
小学生から中学生になる環境の変化で
不安や悩みの多い年ごろでもあります
節目の年に家族で行うお祝いを機に、これからの安全と
成長を願い温かい時間を過ごされてみてはいかがでしょうか
家族で祝福した記念行事は写真という形に残り
お子様の体験は時間を追うごとに
記憶から思い出へと変わっていきます
お子様の成長は親御さんが思っている以上で
親御さんにとっても新鮮な一日になるのではないでしょうか
普通に過ぎていく毎日を
大切にしなければと感じることでしょう

基本プラン以外でも承ります

*ご自分のお着物を着て撮影したい
*ご自宅の近くで撮影したい
*ご家族みんなで着物を着たい
*ご希望に添えるようお見積もりも致します。お問い合わせください。

PAGE TOP